動物と涙。

2008.10.17 Fri

先日、だ〜りんの車の中でたまたま見たテレビで
「犬と私の10の約束」
という映画の紹介をしていた。
ほんと、なにげ〜に見ていたのに、犬とのお別れのシーンを見た途端
涙がボロボロ…
たった数秒のダイジェストだったのにね…。

もともとそんなに涙もろい質ではないはずなんだけど、
ちゅん太が生まれてから子供モノ
飼ってた猫たちとお別れしてから動物モノにすっかり弱くなった。

しかし、あんな簡単に泣けてしまうなんて自分でもびっくり
しかもこれからちゅんすけの野球の試合の応援って時だったので、
早いとこ顔を戻さないと…と困った。
…私は泣くととにかくどうしようもない顔になってしまうから…。
まぁ自然に戻るのを待つしかないんだけどね。

で、「この映画、絶対に見れない〜〜っと騒いでみたものの、
やっぱ気になる…。
結局、家でだ〜りんと一緒に観た。

まぁ、全体的にはすっごく良い映画!と絶賛するほどではなかったけど、
今まで一緒に過ごしたペットたちの事を色々と思い出した。

映画の中に電話の受話器を犬の耳に当てて主人公の声を聞かせるシーンがあったけど、
これと同じ事をしたことがある。

進学の為に実家を出て一人暮らしを始めた数ヵ月後、
実家に電話をかけた時に、当時実家で飼っていた犬の耳に母が受話器をあてて
私の声を聞かせた事がある。
電話での声なんて犬にちゃんと聞こえるのかなぁ〜?と思いながらも名前を呼んでみると、
電話のむこうからは甘えてピーピーと鼻をならす音が…
電話ボックスからかけているにもかかわらず、泣けてしまった。
実家を出ても一切ホームシックとは無縁だった私だけど、
このときばかりは犬に逢いに帰りたくなった。
中学生の時に飼い始め、当時あまり犬が好きではなかった私に、
出会った初日から家族のだれよりもいきなり私に懐いてくれた犬だった。
だいすきだった。
もう逢えないけどね。

そして一人暮らしで猫2匹を飼い始め、十年以上を一緒にすごした彼らそれぞれとのお別れの時は
本当に辛かった。
悲しくて悲しくて、未だに思い出しただけでも涙が出てくる。
もう5年ほど前のことなのにね…。
おそらく私は軽いペットロスってのになっているんだと思う。
それを無理に克服しようとかは思わない。
だいすきだったんだから…。
まぁ、特にひきずって精神的に不安定ってほどじゃないしね。

以前のブログでその猫がたま〜に私の夢に登場するという話を書いたが、
そういえば最近はすっかり出てこないなぁ…。
新しい家族との生活が始まり、くろぶ〜も安心したのかな?
ちなみに最後の登場は昨年末の肺炎の時。
高熱が続いて身体も痛くてとにかく眠っていても苦しかった時、
寝ている私のわきの下あたりにくろぶ〜が寝ていた。
以前は毎晩のようにそうしていた。
あったかくて、嬉しくて、なんだか幸せだった。
でもまたしても夢の中の私は「これは夢とちゃんとわかっていた。
それでもつかの間の休息をありがたく受け入れた。

そう、この肺炎、結構重症だったらしいことが後からわかった。
まさかくろぶ〜が迎えに来た?…という雰囲気では全然なかったので
おそらく心配して励ましに?護りに?夢の中に来てくれたんだと思う。

ちなみに上記の映画、前半で「10の約束とは?」の説明だけで泣けてしまった。
もちろん例のシーンではボロボロ…
やられました。

さぁ次は「容疑者xの献身を観て泣きたいわ〜〜。

  1. 2008/10/17(金) 23:56:09|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

天高く馬肥ゆる…。

2008.10.07 Tue

今年も金木犀の香りが漂う季節になった。

関東に来て4回目の秋。
最初の秋にはこの香りの正体がわかるまで時間がかかった。
誰かが強烈な芳香剤を外にぶちまけたのだと思っていた位だし。
もう4回目なのだからいい加減すぐに気づいてもいい頃なはずなんだけど、
昨日の帰り道で「なぁんか今日はどこかの家の芳香剤がキツイなぁ…」
と思う程度だった。
「なんだっけ、この匂い…。」となんとなく無意識に記憶を辿って、
そっかぁ、金木犀だよ!そういえばそんな季節だよ。…みたいな(笑)

北海道にいた頃は街中がこの匂いになるなんて経験が無かった。
あっちには無いのかなぁ?金木犀…。よくわかんないけど。

それにしても強烈な香り。
窓を開けていると、使っていないはずの芳香剤の香りがしているような
錯覚に陥る。
そう、トイレの…。
我が家のトイレはオレンジの香りのはずなのに…って。

でも、強烈だけど嫌いじゃない。
しみじみと季節を感じられる香りって、なんだかいいよね。
今までは秋の香り=どこかの家で秋刀魚を焼く匂い…だったんだけどね。
それよりはちょっと風情があるよね。

秋かぁ。
この家に引っ越してもう5ヶ月も経つんだね。
さっき、ちゅんすけと足の大きさ比べをしたら、見事に抜かされていた。
こないだまでは同じ23.5センチだったのにぃ〜〜
気がつけば手の大きさまで抜かれている。身長はまだ大丈夫だけど。
恐るべし成長期…。まだ12歳なのに…中高生になったらどんなんなっちゃうんだぁ??
だ〜りんは手も足も小さめなのにね。
いろいろ抜かれるのも時間の問題ね。

先日の学校での身体測定で、ちゅんすけはこちらに引っ越してからの4ヶ月で
身長が9センチも伸びたらしい。
ちなみにちゅん太は…体重がすごい勢いで増えている
以前に増して本当に太った。
成長期まっさかりのちゅんすけの食欲につられて、負けじと食べてる結果だよ…。
食べても食べても太らずに伸びるには、ちゅん太はまだその時期に突入していないのよっ。

ま、食事が貧相で全員やせ細ったり栄養不足になるよりいいけどね。
成長期ちゅんすけが順調に伸びている事で、ちょっとがんばってる私も報われた気がしたよ。

ただ、どちらかといえばダイエットが必要な男約二名をどうするかが
今後の課題だわ。

  1. 2008/10/07(火) 23:16:19|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

やっとちょっと元気。

2008.10.06 Mon

あぁ…一ヶ月以上も放置してしまった…。

この一ヶ月、なんだか弱りまくりの私だった。

まずは微熱続きの風邪から始まり、お腹の急降下。
なんとか無理して仕事に行こうとしても、行きのバスの中で
腹痛に襲われ、そのまま病院へ直行…なんて事も。
で、その風邪がやっと治まり仕事復帰したとたん、次の風邪…。
今度はオカマ声と鼻水と高熱…。
ほんと、風邪らしい風邪だったわ。

それもやっとなんとか治まって、まだちょっと嫌な咳が残ってるけど、
かなり元気になったよ。

何より私以外の家族にうつしてしまうことが怖いからね。
しかし、つくづく思った。
か〜さん業ってのは高熱を出そうが完全休業は出来ないのね…。
ま、これは家族の協力度にもよるのかもしれないけど、
哀しいことに我が家では無理だわ。

それでも39度の高熱時にだ〜りんに氷枕を作ってもらえたのには感謝だわ。
今までそんな小さなことですら全部自分でしなきゃならなかったからね。
でもこれが例えばだ〜りんが発熱したとした場合は、
他の家族のご飯の心配もせずに、寝込んでいられるわけだし、
氷枕は頼まなくても当たり前に出てくるわけだし…女って悲しいね。


ま、そんなちいさなことにグダグダ言ってもどうしようもない。
私は家族の前でニコニコ元気にしていることが一番なんだよね。

丈夫になりたいな。



  1. 2008/10/06(月) 22:15:17|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

カレンダー

09 | 2008/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最近のエントリー

月別アーカイブ

最近のコメント

にゃんこ

検索フォーム

RSSリンク

PoweredBy

Powered By DTIブログ

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約